リサイタルシリーズ”Profilo”

【予告】

第2回バッハ  若き日々

2022年1月21日(土)
松本記念音楽迎賓館 Aホール
(アクセス情報はこちら)

出演 流尾真衣(チェンバロ) 
ゲスト:谷口洋介(テノール)

10歳までに相次いで両親を亡くし、孤児となったヨハン・セバスチャン・バッハ。死が身近であった時代とはいえ、まだ幼い子供にとってこの喪失はどれほど辛いことであったでしょうか。

オールドルフでオルガニストをつとめていた長兄ヨハン・クリストフに引き取られ音楽の手ほどきを受けたバッハは、その後リューネブルク、アルンシュタット、ミュールハウゼン、ヴァイマル……と各地を転々としながら、音楽の腕をたよりにその人生を歩んでいきます。

《平均律クラヴィーア曲集》《インヴェンションとシンフォニア》《フランス組曲》など、こんにちピアノでもよく演奏されるバッハの鍵盤作品。しかしこれらはみな30代以降の円熟期の作品です。バッハは若い頃、どんな作品を書いていたのでしょうか?どんな人物、作品と出会っていたのでしょうか?

今回は兄ヨハン・クリストフが編纂したとされる『メラ―写本』『アンドレアス・バッハ本』を中心に、バッハ30歳頃までの作品をお届けします。

Program(予定)

◆J.S.バッハ:
トッカータ ニ長調  BWV912

カプリッチョ「ヨハン=クリストフ=バッハをたたえて」ホ長調 BWV993

ファンタジア イ短調 BWV922



◆J.パッヘルベル:アリアと変奏「ニュルンベルクのバッハ氏」 イ短調

◆D.ブクステフーデ:プレリュード ト短調 BuxWV163

◆G.ベーム:組曲第2番 ニ長調


ほか

リサイタルシリーズ”Profilo”とは?

【profilo】[名](男)
1 輪郭
2 横顔, プロフィール
3 側面, 観点
4 (建築物, 船体の)縦断面(図), 側面図;(地層の)断面図
5 簡単な人物紹介, 人物評
6 縁取り, 縁飾り, 笹縁.
7 彫刻刀.

(伊和中辞典 2版)

何百年も前に生まれ、時を越え国を越えて愛されてきた作品たち。チェンバロが奏でる音楽を通して、時代、国、楽器、そして作曲家の”Profilo”を見つめるシリーズです。
(第1回「チェンバロ・プロフィーロ」についてはこちらをご覧ください)